Office365+SSO環境でもSharePoint Designer 2013を使えます。

SharePoint Designerは、SharePointのサイトやアプリケーションを開発するためのMicrosoft純正無償ツールです。
(”SharePointに特化したWebオーサリングツール”と言う人もいます。)

バージョンは2007/2010/2013と、Office製品と同じようにリリースされて来ましたが、2016以降のバージョンや後継製品はありません。
そのため、2013が最終かつ最新となります。(SP1も出ています。)

続きを読む

スロットリングと安否確認

スロットリング(throttling)」と聞いて胃が痛くなる人は、きっとメール(SMTP)システムを本格的に運用されているんだと思います。
知らない人は、知らないままでいた方が幸せかもしれません…

 

スロットル(throttle)は、動詞だと「抑圧する」・「首を絞める」という意味です。
名詞としては、自動車などのエンジンで燃料の流量を調整する「絞り弁」のこととなります。
概ね「流れを止める」というニュアンスのようです。

 

メールシステムにおいてそんなことをしたら、すなわち「メールが届かない」ということになります。
迷惑な話だと思われるでしょうが、実際に時々行われていますし、そこには一応ちゃんとした理由もあります。
決して、偶発的な事故や悪意のある攻撃ではありません。

続きを読む

更新プログラムの適用に失敗したら(5)〜おまけ〜

2月からダラダラと書いてきたこのシリーズですが、最後に小ネタを2つ紹介して終わります。

 

<1>
技術的な裏付けの無い経験則となりますが、.NET Framework の更新プログラムは他の更新プログラムよりも「一度に複数適用しようとして失敗する確率」が高いようです。

「1つ適用して、再起動」を繰り返すほうが、結果的に時間を短縮できるかもしれません。

 

<2>
更新プログラムは、いつのまにかバージョンアップされて「v2」や「v3」になっていることがあります。

たとえば、「KB982018」がそうです。
インストーラーファイルをダウンロードセンターから入手すると、ファイル名に「v3」が含まれています。

 

続きを読む

更新プログラムの適用に失敗したら(4)〜インストーラーの破損〜

決して多くはないと思いますが、ダウンロードしたインストーラー(.msuファイル)に破損等の問題があるために適用できないことも、あるかもしれません。
適用できるはずの更新プログラムがどうしても適用できない場合、最後の最後にはそれを疑います。

もしかしたら、改めてダウンロードし直したらすんなり適用できるかもしれません。
そんな場合は、最初にダウンロードしたインストーラーは破損していたのかもしれません。

 

続きを読む

更新プログラムの適用に失敗したら(3)〜置き換え〜

更新プログラムの中には、以前発行された別の更新プログラムを「置き換える」ものがあります。

 

新しい方の更新プログラムがすでに適用済みの状態であれば、置き換えられた古い更新プログラムを適用しようとしても失敗します。
(そもそも適用する必要がありません。)

 

続きを読む

更新プログラムの適用に失敗したら(2.5)〜適用の条件〜:補足

前回の補足として、「更新プログラムの前提条件」に関係する失敗例を2つ紹介します。

 

<1>
たとえばKB3184471は、適用の前提条件として「Active Directory Lightweight Directory Service (AD LDS) 」が必要です。

 

続きを読む

更新プログラムの適用に失敗したら(2)〜適用の条件〜

Windowsの更新にWindows Updateを用いるのであれば、自動的に「このOSに適用可能な更新プログラム」だけを適用してくれます。

しかし、自分でインストーラー(.msuファイル)をダウンロードする場合には注意が必要です。
適切なインストーラーを選び、前提条件を満たした状態で適用しなければ、失敗して当然だからです。

 
続きを読む