情報の価値 〜日付も見よう〜

「情報化社会」なんて言葉、最近はあまり聞かなくなりましたね。

しかし実際には、ビジネスでも日常生活でも、流通する情報の量は増える一方です。
そしてその中には真偽不明の怪しい情報も紛れています。

いわゆる「フェイクニュース」です。

 

続きを読む

2019年台風19号の教訓(3:被災後の行動)

私は、台風19号で被災した川崎市で数回のボランティア活動を行いました。
そこで出会った被災者の方々は、被災直後の心境として、皆さん一様に「呆然とした」、「途方に暮れた」とおっしゃいました。

 

水が引いてやっと避難所から帰れた時に、自宅が浸水して室内が滅茶苦茶になっていたら、誰だって同じだと思います。
家電製品はもちろんのこと、箪笥の中の衣類など、生活基盤の殆どがダメになっているのですから。

私が見た中では、以下の被災家屋が印象に残っています。

続きを読む

2019年台風19号の教訓(2:発災時の行動)

※今回から、「防災」カテゴリを新設しました。
遡って、前回の記事もこのカテゴリに含めました。

地震とは異なり、台風のような気象現象は、危険度が高いことを事前に予見できます。
(今回の台風19号もそうでした。)

そして実際に台風が近づいて雨風が強くなり、危険が差し迫ってくると、ニュースでは「命を守る最善の行動」を呼び掛けるようになりました。
少し前までは聞かなかったこのフレーズ、調べてみたところ今年3月から導入されたものでした。

 

続きを読む

2019年台風19号の教訓(1:平時の備え)

過去に何度か触れていましたが、私は多摩川の近くに住んでいます。

先週の台風19号では、自宅は無事だったものの、近隣のいくつかの地域で浸水被害が発生しました。

河川の水が溢れる「外水氾濫」と市街地の雨水が排水できずに低地が冠水する「内水氾濫」の両方があり、川崎市では死者も出ました。

 

続きを読む

経営課題としての IT セキュリティ(下)

前回の記事で言いたかったことを簡潔にまとめると、「経営課題としての IT セキュリティは、リスクマネジメントに属する。」です。

 

経営者は、「経営」という壮大なテーマの業務を抱えています。
あまりにも壮大すぎて、その全容を明確かつ具体的に言葉で表現することは、少なくとも私には無理です。

ですが、「経営」の中の中心的な業務を(大雑把ですが)いくつかのテーマに分けて、「何々マネジメント」と呼ぶことができます。
そのうちの一つがリスクマネジメントです。

 

続きを読む

経営課題としての IT セキュリティ(上)

「IT」と「IT セキュリティ」は、切っても切れない関係です。企業でも家庭でも。

このブログをお読みの皆さんの勤務先では、「IT セキュリティ」の担当部署はどちらでしょうか。
「IT」と同じく、いわゆる「情報システム部」が担当されているケースが多いではないでしょうか。

では、「IT セキュリティ」は「IT」という概念の中に含まれる小テーマなのでしょうか。

私はそうは思いません。
少なくとも、「経営課題としての IT セキュリティ」については、完全に異なる分野だという認識です。

 

続きを読む