2019年台風19号の教訓(3:被災後の行動)

私は、台風19号で被災した川崎市で数回のボランティア活動を行いました。
そこで出会った被災者の方々は、被災直後の心境として、皆さん一様に「呆然とした」、「途方に暮れた」とおっしゃいました。

 

水が引いてやっと避難所から帰れた時に、自宅が浸水して室内が滅茶苦茶になっていたら、誰だって同じだと思います。
家電製品はもちろんのこと、箪笥の中の衣類など、生活基盤の殆どがダメになっているのですから。

私が見た中では、以下の被災家屋が印象に残っています。

続きを読む

2019年台風19号の教訓(2:発災時の行動)

※今回から、「防災」カテゴリを新設しました。
遡って、前回の記事もこのカテゴリに含めました。

地震とは異なり、台風のような気象現象は、危険度が高いことを事前に予見できます。
(今回の台風19号もそうでした。)

そして実際に台風が近づいて雨風が強くなり、危険が差し迫ってくると、ニュースでは「命を守る最善の行動」を呼び掛けるようになりました。
少し前までは聞かなかったこのフレーズ、調べてみたところ今年3月から導入されたものでした。

 

続きを読む

2019年台風19号の教訓(1:平時の備え)

過去に何度か触れていましたが、私は多摩川の近くに住んでいます。

先週の台風19号では、自宅は無事だったものの、近隣のいくつかの地域で浸水被害が発生しました。

河川の水が溢れる「外水氾濫」と市街地の雨水が排水できずに低地が冠水する「内水氾濫」の両方があり、川崎市では死者も出ました。

 

続きを読む

選挙で投票すべき根拠

私は特に政治に関心が高いわけでは無いが、どんな選挙でも必ず投票するよう心掛けている。

そして、たとえ自分の考えと一致する候補者がいなくても、消去法で「一番近い候補者」を選ぶようにしている。

それはなぜか。

 

続きを読む

日本の奇習「年賀状」によるCO2排出量

実際にどれだけの量のCO2が排出されているのかは分からないが、決して馬鹿にできないのではないだろうか。

年賀状を全面的に禁止すれば、CO2排出量をその分確実に削減できるはずだ。

地球全体から見れば僅かな量かもしれないが、その気になれば来年からすぐに実施可能な温暖化対策ではないだろうか。

 

続きを読む

楓の樹液

かつて、漫画雑誌「月刊アフタヌーン」で「ヨコハマ買い出し紀行」という漫画が連載されていました。

近未来の日本が舞台で、一人で喫茶店を切り盛りするアンドロイドが主人公なのですが、その店のメニューの中に「メイポロ」という架空の温かい飲み物が登場します。

名前からは、なんとなく「メープルシロップのお湯割」をイメージしてしまいますが、Wikipedia によると、「メイポロという木の煮汁のお湯割」なんだそうです。

 

続きを読む