サーバーマネージャー自動起動を抑制してみた

Windows Server 2008 以降、管理者権限でログオンすると自動的に「サーバーマネージャー」が起動します。

この自動起動を抑制する方法はいくつかあり、サーバーマネージャー、グループポリシー、レジストリで設定できます。

その他に、タスクスケジューラーで抑止する方法を見つけたので紹介します。

これはあまり知られていないような気がします。

 





   




   

 

サーバーマネージャーの実体は、Windows Server 2008 及び 2008 R2 ではマイクロソフトマネジメントコンソール(mmc.exe)のスナップインの一つ「ServerManager.msc」でしたが、Windows Server 2012 以降は「ServerManager.exe」に変わっています。

しかし、管理者ログオン時の自動起動が、タスクスケジューラーの「¥Microsoft¥Windows¥Server Manager」フォルダにある「ServerManager」というタスクで制御されている点は、変わっていません。

管理者ログオン時にこのタスクが実行する「ServerManagerLauncher.exe」が、サーバーマネージャーを起動させています。

なのでこのタスク自体を「無効化」してやれば、管理者ログオン時にサーバーマネージャーが自動的に起動してこなくなります。

 

 

このタスクを無効化するSchtasks コマンドは以下の通りです。

Schtasks /Change /TN “¥Microsoft¥Windows¥Server Manager¥ServerManager” /Disable

 

 

Windows Server 2012 以降であれば、以下の PowerShell コマンドレットでも無効化できます。

Disable-ScheduledTask -TaskName “¥Microsoft¥Windows¥Server Manager¥ServerManager”

 

 

 

“サーバーマネージャー自動起動を抑制してみた” に1件のコメントがあります。

コメントは停止中です。