タスクスケジューラを PowerShell で管理してみる。<Get 番外編>

2014年11月26日の <Get 編 其の一> では ” Get-ScheduledTask ” というコマンドレットを紹介しましたが、タスクの情報を得るコマンドレットとしては ” Get-ScheduledTaskInfo “ もあります。

このコマンドレットを使うと、特定タスクの直近の実行時刻(LastRunTime)と次回の実行時刻(NextRunTime)が分かります。

 





   




   

 

このコマンドレットは ” Get-ScheduledTask ” と違い、タスク名だけでなくフォルダも含めた完全なパスを入力する必要があります。

test フォルダ直下にある「task」というタスクの場合、記述方法は以下の三通りがあります。

” Get-ScheduledTaskInfo -TaskPath test -TaskName task “

” Get-ScheduledTaskInfo -TaskName test¥task “

” Get-ScheduledTaskInfo test¥task “

 

 

「タスクスケジューラを PowerShell で管理してみる。」シリーズは以上で終了となります。