タスクスケジューラを PowerShell で管理してみる。<Start 編>

タスクの情報を取得するコマンドレットが ” Get-ScheduledTask “ なら、タスクを実行するコマンドレットは ” Start-ScheduledTask “ です。

 





   




   

 

実行したいタスクを指定するためのオプションは共通していて、” -TaskName “ なのですが、一つだけ注意すべきことがあります。

” Get-ScheduledTask ” の場合と違ってタスク名だけでは足りず、絶対パスを入力する必要があります。

別フォルダに同名タスクが存在する可能性だってあるわけですから、ちゃんとフォルダまで指定してやらないと、コンピューターは実行すべきタスクを特定できないのです。

(” Get-ScheduledTask “であれば、もし仮に別フォルダに同名タスクが存在したとしても、それら同名タスク全ての情報を取得するまでなので問題ありません。)

 

 

<Get 編 其の一> で作成したタスクの場合だと、” Start-ScheduledTask -TaskName ¥test¥task “ というコマンドレットになります。

あるいは、フォルダを指定するオプションを使って ” Start-ScheduledTask -TaskName task -TaskPath ¥test¥ “ という書き方でも大丈夫です。

 

 

なお、あえて同名タスクを全て一斉に実行したい場合は、” Get-ScheduledTask -Task *** | Start-ScheduledTask “ と書きます。